コンサルティングのご案内

 5.荷主に対する物流の提案営業やコンサルティング営業をしたい

最近、物流業界において「提案営業」という言葉が流行っています。その背景には、荷主企業が物流コストの低減や問題解決のための提案を物流事業者に求めるという事態が増えているということがあります。
 その多くは、荷主企業が実施する「物流業務改善の企画提案コンペ」に参加するという中での提案という形態をとります。新規業務獲得のために参加するという立場の事業者にとっては意欲の湧く挑戦かもしれませんが、これまでその業務を担っていた事業者にとっては防衛のための苦しい戦いを強いられます。
 新規業務獲得に挑戦するにしろ、防衛するにしろ、その提案において重要なのは、対象となる荷主企業の物流を改革するという視点での提案が求められるということです。このコンペを使って「単なる値引き」を要求していると思われる荷主企業も「無きにしも非ず」ですが、この場合でも、単なる値引きではなく、物流全体を変えることで物流コストの削減ができるのだという視点での提案を行うことが必要と考えます。
 ここで、荷主企業の物流コンサルを数多く行い、荷主側のコンペ実施の支援も行ってきた弊社の蓄積がお役に立ちます。荷主企業の物流改革を提案の柱にしたいと思われる場合は、是非弊社のノウハウをお役立てください。

提案営業支援コンサルティングの内容
荷主企業の抱える課題について、提案を受ける側の立場や社内的に物流部門が置かれている状況をも含めて的確に理解し、求められていることの本質をとらえます。
荷主企業側の問題、解決すべき課題等を体系的に整理します。
提案に現実性を持たせるため、必要なデータ提供を荷主に求めます。
提案書作成にあたっては、改善の道筋、実現のための具体策、期待される効果などを、データに基づいて説得力のある形で具体的に示します。

《支援効果の例》


荷主企業の立場でコンペの条件設定、提案書の評価の支援を行っています。
物流事業者の立場に立ってコンペ参加のための提案書作成支援を行っています。
この場合、料金は「成功報酬制度」をベースにいたします。


お気軽にお問い合わせください。 メールを送る


ホームに戻る