コンサルティングのご案内

 1.物流コストを下げたい

物流コストを可能な限り低減したいという思いは、物流を担当されている方なら誰しもお持ちのことと思います。また、トップから物流部門に物流コスト削減指示が出ているところも少なくないと思います。
 ただ、物流コストを削減しようとしても、そう簡単にはいかないというのが実際のところです。本気で物流コストを削減しようとする場合には、以下のような条件が揃うことが必要です。

@  物流コスト削減の可能性を判断すること
A  物流コストを発生させている個々の活動について「無駄」を見える状態にすること 
B  物流コスト発生の因果関係を明示できること
C  物流コストについての責任区分が明示できること
D  物流コスト削減目標と削減方策との関連が明確であること

以上を踏まえて、物流コスト削減目標を達成するための計画(方策、期間、実施担当者等)を策定することが必要となります。
 当社では、このような物流コスト削減のための万全の支援をご提供できます。物流コストを本格的に下げたいという思いがございましたら、是非ご相談ください。

 物流コスト削減コンサルティングで行うこと

物流コストを「コスト削減」という視点から構造的に把握します。
物流コスト発生の因果関係を明らかにするとともにその責任区分、さらにコスト削減の制約となる要因を明示します。 
物流コスト削減について目標を定め、それを実現するための方策を検討し、明らかにします。
取るべき方策とその進捗によりどれくらいのコスト削減が可能になるのかを可視化するためのシミュレーションを行えるようにします。
物流コスト削減計画を策定します。
物流コストの算定にあたっては、基本的に物流ABC(Activity-BasedCosting:活動基準原価計算)の手法を用います。

《改善効果の例》

<消費財メーカー>
「現在の対売上物流コスト比率4.2%を3.5%にせよ」という社長指示に対し、その実現のための実行可能な道筋と方策が明らかになりました。
<加工食品卸売業者> 「現在の対売上物流コスト比率7.4%を6.5%にせよ」という社長指示に対し、その実現のための実行可能な道筋と方策が明らかになりました。


お気軽にお問い合わせください。 メールを送る

ホームに戻る